粉山椒の作り方とレシピ|山椒の実の乾燥・保存方法

当サイトにはアフィリエイト広告が表示されます。

山椒の木から実を集めて「粉山椒(花椒)」を作りましょう。
体に良い効能があり色々なレシピにも引っ張りだこ。
使うときにミルで挽けば最高の香り。
秋になったら忘れずに実を集めてください。

ここでご紹介するのは花椒(熟した実を乾燥させて作る)です。
熟す前の実を加熱・乾燥させる山椒よりも、強烈な香りと味が特徴です。

興味があるところを読む

山椒の木の生える場所

その他の野菜の栽培方法はこちらです 野菜一覧表

山椒の木は木陰に生えてきます。
山鳩や小鳥の糞に混ざった種が落ちて自然発生。
ここでは庭のあちこちに山椒の木が生えてますが、どれも木陰に生えてます(山椒は「木陰が好き」)。

ご自宅の庭のほんのちょっとした木陰や、北側の陽の当たらない目立たない場所を覗いてみてください。
もし小さい苗でもあれば大事にしてやれば、数年で実が付くかもしれません(山椒はオス・メスがあり、実の付くのはメスの木)。

山椒は必ず木陰に生えます。

スポンサーリンク

山椒の実(春)

岩手中部では5月下旬には実を付け始めます(6/10頃までは中に硬い種が無いので料理に使えます)。
この若い実を焼酎に漬けておいて料理に使います(冷凍すると冷凍庫臭くなる)。

春先のキャラブキや昆布の佃煮に混ぜる。
→ 熱々ご飯に抜群に合います。

指先で潰れない程度に大きくなってきたら、もう硬いので放置。
そして9月になると山鳩が実を食べに来ます。
山椒の実を収穫する時期です。

春先の山椒の実。

スポンサーリンク

山椒の実(秋)

自然に赤くなった実を集めます。
この実を数日干すだけで完成です。

青い実を電子レンジやフライパンで炒める方法もありますが、自然のまま熟した実を使う「花椒」の方がずっと香りが立ちます。
自宅に山椒の木があるなら、是非とも赤くなった実を使ってください。
アク抜きや加熱など余計な事はせず、実をそのまま使って最強の花椒を作ります。

夏を過ぎた頃から注意して見張ってください。
山鳩はこの種(黒い部分)を食べに来ます。
粉山椒には赤い皮を使います。

山鳩が食べる前に少しだけ分けて貰います。
これだけあると3年は使えます。
青さが残った実も混ざってますが、干せば赤くなります。

数日干すと、種と皮が分かれます。
この「皮」を集めます。

数日干して種と皮が分かれたら、皮だけを選り分けて集め、更に干します。
カリカリになったら完成。
湿気ないよう瓶に入れてください。

使うときは、ほんの少量をミルに入れてガリガリして振りかけます。
かなり強烈なので、試しながらちょっとずつ使ってください。

サンマの塩焼きや、イワシ、サバ、味噌汁、炒め物、生姜焼き、肉料理全般、意外なところでは白菜の塩漬けなどにも合います。
山椒の木を見付けたら、是非作ってみてください。

しっかり乾いたら保管しておき、使うときにミルに少量入れて挽きます。
強烈なのでかけ過ぎないように注意。
自作するとなんでも「強烈」になります。

購入リンク

\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場で探す
\ポイント5%還元!/
Yahooで探す
スポンサーリンク
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


興味があるところを読む