キャベツ栽培の記録|一年中切らさないコツ

当サイトにはアフィリエイト広告が表示されます。

キャベツ栽培の記録ページです。最新の記事へ
新鮮なキャベツを一年中(真冬も)途切れること無く食べ続けることができます。
コツは品種選び。
早生と晩生を上手に組み合わせて栽培すれば、年間を通して途切れずに台所に届けられます。

キャベツの育て方などはこちらの一覧ページをご覧ください。
その他の栽培情報はこちらのリンクを利用してください。
新しい年度ほど上部に記載しています。

興味があるところを読む

2023

2023年の第1弾は3/9に開始しました。
今年も年間を通してキャベツを収穫出来るように計画しています。

第1弾 3/9開始

第1弾は、超大球×3、四季穫×3、ミサキ×4の苗を作ります。
数日後に、あじみどり×3を追加しました。

第1弾 苗作り

ビニール棚を28℃に加温して発芽させました(播種から3日後の写真)。
即座に網掛け(ポットの土に無線の温度計を挿してます)。

3/26
蒔いた種は全部発芽してます。
優秀な種。

白菜の苗なども作り始めたので、少し大きめの雨避け虫除けをセット。
虫除けはご飯用の虫除け網です。
ポット30個ほどまでならこれで十分に間に合います。
雨が当たらないように透明マルチでカバー。
温度が上がりすぎないように注意してください。

4/12
桜の季節。

スポンサーリンク

第1弾 定植

4/27
本葉3枚で定植。
キャベツも白菜も苗を大きくしない方が無難。

春の栽培では当然のように網は必須。
それでもどこからか虫は入るし、ネキリムシも居るので、定植時だけ オルトランネキリエースを使います。

奥から、超大球×3、四季穫×3、あじみどり×3、ミサキ×4(小さいので千鳥植え)。
超大球は60cm間隔、四季穫とあじみどりは40cm、ミサキは30cm。
苗を市販し始める時期なので予備苗はナシ(枯れたら市販苗を購入する)。

ここ(岩手県中部)では9月まで蝶々が居るので、網掛けは必須です。
防虫網ダンポールのセットを使ってます。

網は時々開け閉めするので3cm幅のクリップで留めてます。
これが結構便利。
ただし ステンレス製のクリップを使わないとワンシーズンで錆びます。

第1弾 育成

5/10
追肥と土寄せ。
定植後に雨の日が3日続いたので順調に活着しました。
キャベツ苗は割と深く埋めても、枯れるようなことはありません。
むしろ首がグラつかないよう、深めに植えた方が無難です。

定植から14日経過。
本葉が3 → 6枚と増加。

5/29
追肥と土寄せ。
首が伸びたのでかなり土寄せしました。
倒れると外葉が傷むことがあるので、土寄せは割と大事な作業です。

超大球。
定植から33日経過。

こちらは四季穫。
40cm間隔だと少し狭かったようです。次回は超大球と同じ60cmにします。

四季穫。

6/12
端から2個の超大球だけ追肥。
ミサキは間もなく収穫します。
もう十分に食べられるけど、勿体ないからもう少しだけ育てたい。

第1弾 収穫

  • 6/19 ミサキ
    ミサキの収穫を開始し、7/1で最後の一個を収穫。
    1.1~1.2kg程度。
  • 6/29 超大球
    超大球を試しに一個収穫、2.1kg(ザウアークラウト作成)
    未だ収穫時期ではないので隙間だらけ。
  • 7/7 あじみどり
    あじみどり1個収穫。外葉を全て外して2.5kg。
    適度に柔らかく、甘く、辛みもあり美味しい。
    パツンパツンに詰まってる。
    3/24 に播種してるので約100日だが、手頃な収穫時期。
  • 7/25 味みどりを全て収穫。
    地面に着いてた部分が少し傷んでいた(切って捨てたので食べるのは問題無い)。
  • 7/29 四季穫を一個収穫。
    四季穫は倒れないし暑さにも強く、とても扱いやすい。

札幌4号

4/12
札幌大球4号を作ります。
4号は一番大きくなる。
葉が少し厚めでパリパリした歯応えがあり、やや甘みのある美味しい品種です。
生の千切り、炒めても、漬物も美味しいので作ってます。
ただ一個がやたら大きく、半分に切っても冷蔵庫には入らない(冬の収穫なので問題ナシ)。

今から種まきしても完成は11月です。
そのまま雪の中に置いて冬の食料にします。

札幌4号 苗作り

4/12
札幌大球×4の苗作り・・・巨大になるので4個で十分。
25℃を維持して3日で100%発芽。
現在育苗中。

札幌4号 定植

5/18(播種から36日)。
定植。
収穫は半年先なので、3個は網を使わずに薬で虫除けします。
1個だけは網の中で栽培してますが、札幌4号は1.4m幅(網の内径)には納まらないので、いずれ網を外します。

5/18
3個は網外。

札幌4号 育成

6/10 追肥(網外にはGFオルトランも投入)。
6/19 追肥。
7/1 追肥(網外にはGFオルトランも投入)。

網外の3個はオルトランで防虫してるが、結構被害あり。
これ以上の被害が出るようならアディオンも使用するつもり。

網内で育成中の一個は、既に直径1.4mになり網に触れ始めた。
高さも70cmに近いので、間もなく網を外す。

枯れて終了

札幌4号は8月の暑さに勝てませんでした。
2023年は35℃近い日が続き、さすがに無理だったようです。

第2弾 5/4開始

第2弾はミサキを3個。
ミサキは春に作ると美味しいので今月まではミサキを作ります(6月頃に作り始めると美味しくない)。
5/30に定植しました。

6/12
追肥と土寄せと草取り(写真は草取り前)。
かなり弱々しい苗でしたが、復活しました。
第1弾のミサキ(左)は間もなく収穫します。
6/18
2本をネキリムシにやられた。
7/1
追肥。

第3弾 6/6開始

第3弾は四季穫を2個。
加温せずに発芽させました。
6/12 100%発芽。

7/3
定植。
オルトラン+肥料+ネキリエース。

枯れて終了

四季穫も夏の暑さに負けて枯れてしまいました。
札幌4号と四季穫は、さすがの真夏の暑さに太刀打ちできなかったようです。

第4弾 6/30開始

第4弾は完成は11月。
完成したら少しずつ収穫して、翌年の春までの食料になります。
四季穫×6、味みどり×6の苗作り開始。

7/27
12本全部を定植しました。
写真左側の日陰の方に味みどり、右側は四季穫。
あじみどりは少し早めに完成するので日影に置いてます。
暑くて網掛けけが面倒なので薬で防除。オルトランと念のためにアディオンを噴霧。
元肥は化成肥料。
雨が降らないので一日おきに水遣りしてます。

育成中

9/28
やや小さいようですが順調に成長しています。
真夏の気温が高く、また雨が降らなかったので何度か水遣りしました。

この株はオルトランの効き目が切れたようで、かなり虫に食われました。
アディオンとオルトランを追加散布。

2022

この年も色々な品種を作りました。
写真があまり残ってないので、四季穫の結果だけを紹介します。

3/17播種 → 7/23収穫

春一番の3/17に蒔いた四季穫を7/23収穫。
春から秋にかけて3~5回蒔くと途切れずに収穫出来ます。
重さは3kg前後でした。

9/19播種の越冬栽培キャベツ

越冬栽培のキャベツも作ります。
種は四季穫を9/19にプラグトレイに蒔きました(本葉2~3枚で定植するので、ポットではなく中サイズのプラグトレイを使用)。
10月半ばに定植し、収穫は翌年の6月。

9/27 播種から8日目。

10/13 本葉2枚ほどで6本を定植。
もう虫が居ないので網なし。

翌年の4/28
追肥(3月にも追肥した)。

翌年の6/8
5月に追肥した。
オルトランとアディオンを使用。

翌年の7/9に収穫。
どれもオルトランで防虫したが、それでも外葉はかなりの虫食い(内部は虫食いされてない)。
既にミサキや味みどりを収穫してるので、冬越えで四季穫を作る価値は無さそう。

購入リンク

¥1,999 (2023/01/19 03:09時点 | Amazon調べ)
やわらかたけのこキャベツ。
¥538 (2023/01/19 03:19時点 | Amazon調べ)
あまうま大玉
¥440 (2023/01/19 03:23時点 | Amazon調べ)
苗作りに使う培養土です。とても軽くて空気を多く含むため根張りの良い苗を作ることができます。
¥964 (2022/12/31 14:34時点 | Amazon調べ)
肥効が2ヶ月続く緩効性の化成肥料です。
¥718 (2023/01/05 04:24時点 | Amazon調べ)
6-10-5の液肥。効き目が早く、肥効の切れも早いので、美味しい野菜作りに向いてます。
¥533 (2022/12/16 10:15時点 | Amazon調べ)
PK液肥(窒素成分Nを含まない)。窒素成分を含まないので根張りを強調したい苗作りに使います。
¥755 (2023/01/03 16:03時点 | Amazon調べ)
¥1,255 (2023/01/19 03:13時点 | Amazon調べ)
スポンサーリンク
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


興味があるところを読む