パソコンが起動しない|意外と多いSATAケーブルの不調

当サイトにはアフィリエイト広告が表示されます。

HDDやSSDが不調だと感じたら、まずはSATAケーブルを疑ってみてください。
「ケーブルが悪くなる」なんて、なかなか思いつかないですが、割と頻繁に起きるようです。
SATAケーブルのコネクタ周りをグチグチ動かして動作が変わるなら、SATAケーブルの不調です。
ドライブを新調するのに比べれば費用も安いので一度試す価値あり。

興味があるところを読む

症状

SATAケーブルが悪くなると、パソコンの起動が遅い、時々起動しないなどの症状が出ます。
何しろメチャクチャ高速なシリアル通信(現在は3Gb)なので、ハード的にはかなり条件が厳しい。
通信エラー時にはリトライをしますが、そう言うことをするので起動が遅くなります。

特にコネクタ周りが弱いようです。
ネットにもSATAケーブル不調の記事が結構有ります。
「ケーブルが悪くなる」なんて、なかなか思いつかないですが、割と頻繁に起きるようです。

SATAの規格

SATAにも規格があります。
速度の遅い方からSATA1、SATA2、SATA3まで。
現在はSATA3なので、ケーブルを購入する歳にはSATA3対応であることを確認してください。

古いパソコンのHDDを最新のSSDなどに交換する場合、ケーブルを交換せずにそのまま使うと不調になることがあります。
例えば、古いパソコンのSATAケーブルはSATA1、新しいSSDはSATA3など。
なおSATA3は下位互換性があります(SATA1や2にも対応してる)。

スポンサーリンク

SATA3ケーブルの入手

ケーブルは何種類かあります。
ケーブル部分が平べったい/丸い/薄い、コネクタ部分がL字になってる、コネクタにラッチがあるなど。
長さは20~100cmほどまで。

現在接続されているのと同じタイプを購入すれば間違いないでしょう。SATAケーブル一覧

スポンサーリンク
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


興味があるところを読む