お得な型落ちランドセル|おすすめは軽くておしゃれな製品

当サイトにはアフィリエイト広告が表示されます。

アウトレットには、激安で多数の型落ちランドセルが出品されています。
「フィットちゃん」「ふわりぃ」「セイバン(天使のはね)」など、国内産の一流メーカー品を入手可能です。

万一壊れたらまた買えば良い。
もしこのように考えられるのであれば、1万円前後の最新の製品を選びましょう。
6年間は確実に使いたいと考えるのであれば、3万円ほどの日本製品を選ぶ必要があります。
ただし型落ち品であれば、作りの良い日本製品を格安価格で入手可能。

たったの6年間使うだけです。
6年後には邪魔な不要品になることを考えた上で購入してください。
ンドセルの使用を義務付ける法律はありません。

興味があるところを読む

はじめに

ランドセル は、小学校入学という大きな節目で使う大切なアイテムです。
6年間毎日使うものです・・・でも「たったの6年間」。
6年間のために高いランドセルを買う必要は無いと筆者は思ってます。
この頃は高学年ではリュックを使う場合もあるので、更に使用期間が減ることになります。

ランドセルよりもデザインが良く軽いリュックサックが多数販売されています。
ただしランドセルほどは精密に作られていないので、少し背負いにくいかもしれません。

素材

ランドセルの素材には、人工皮革と天然皮革の2種類があります。
ランドセルとして6年間使う場合、ほぼ全ての条件で人工皮革が勝ってます。
機能性、軽さ、水に強い、汚れにくい、手入れ不要、色味が良い、個体差が少ない、そして値段の安さを考えれば人工皮革を選ぶのが当たり前。
今の時代に本物の皮を使ったランドセルをわざわざ選ぶ理由が見当たりません。

本革は本物の皮を使っています。
匂いがする、水を吸い込む、汚れやすい、発色が悪いなど人工皮革より劣る部分が沢山有ります。
熱に強い、手触りが良い、長持ちなどの長所がありますが、ランドセルとしては不要な長所です。
6歳の子供のために、あえてこのような欠点のあるものを選び必要があるでしょうか。

重さ

ランドセルは、教科書やファイルなどを入れると、かなり重くなります。特に、低学年の子どもにとっては、重さ負担が大きくなります。
この点からも人工皮革のランドセルを選ぶようにして下さい。

重さ選びのポイントとして・・・

  • 男の子:1.2kg~1.3kg
  • 女の子:1.1kg~1.2kg
  • 近年は、1kg以下の軽量ランドセルも増えている

値段と品質

高い方が品質が良くなるのは当然です。
目安としては日本製品なら3万円以上、それ以下は某国製。
日本製品でも型落ちや在庫セールを狙えば、某国製より安く非常に良い製品を入手することが可能です。こちらの記事

日本製のランドセルの多くは製造が丁寧です。
なぜなら基本的に「6年間は使える前提」で製造しているから。そのため、その保証として多くのランドセルに「6年間保証」が付いています。
ま、日本人のやることですから、仕事が丁寧です。

一方、1~2万円前後の製品は某国製です(国内の業者が販売・管理していても製造は某国)。
最近は「6年保証」がついていて、「返品可能」となっている製品も出ていますが、価格が上がってきています。

有名メーカーの型落ち品を狙う

やはり有名メーカーや国産ブランドのランドセルは良い製品が多い。
これらを安く入手するなら「型落ち品」を探すのはとても良い考えです。
ランドセルを入手するなら、第一に「型落ち品」を狙いましょう!

あまり古いものでは「A4フラットファイル」に対応していないなどの場合もあるので、1~2年の型落ちものを選べば無難です。

型落ちのランドセルとは、最新モデルの前のモデルのランドセルのことで、2024年が最新版の現在では、2023年以前のモデルが「型落ち」と言うことになります。
メーカーは、消費者の購買意欲を刺激するため、毎年新しいモデルを販売していますが、実は、性能もデザインも変わっていない場合が多く、実際に区別が付かない消費者も多いでしょう。
そもそも「新型ランドセル」のどこが新型かなんて、私たちには分かりませんよね。

型落ち品を探す

検索エンジンで「型落ち ランドセル」や「在庫処分 ランドセル」や「ランドセル アウトレット」で検索し、出てきた検索結果から一流メーカーのランドセルを選べば間違いありません。
やはり一流メーカー品は一流なので、製品の出来が違います。

「6年間保証」や「返品保証」などの付いた型落ち品もあります。

某国製ランドセル購入

某国製の製品の購入では「素直に信用しない」のが基本。
Amazonなどでの評価を本気にしない。
仲間内で評価を上げたり、高い評価にはポイント付与など、怪しい部分もあります。
その中でも比較的安心して買えるメーカーの製品をご紹介します。

1万円前後の高評価ランドセル「バオバブの願い」

「6年間保証」と「30日間の返品可能」な製品です(「Amazonファッション」の返品規定を適応)。
「Amazon限定ブランド」の「バオバブの願い」のランドセルです。

1~2万円前後の高評価ランドセル「クーロン(Coulomb)」

「6年間保証」と「30日間の返品可能」な製品です(「Amazonファッション」の返品規定を適応)。
値段の高い製品も多いので、国産品とどちらを選ぶか悩みどころ。

2万円前後の高評価ランドセル「ツバメランドセル」

「6年間保証」と「45日間の返品可能」な製品です。
ただし、ベルトを金具に通すと「使用した」とみなされて返品不可になるので注意が必要です。
この金額だと国産品と大差ありません。

まとめ

国産一流メーカーの型落ち品を入手するのが最良でしょう。
次点で某国製の2万円前後の製品。
国産の新製品10万円前後を購入するなどは、全くの無駄、親のミエや趣味と思われます。

なお自治体によっては「入学準備補助金」として、4万円以上の補助金を受けられる可能性があります。また、収入に関わらずランドセルを現物支給している自治体もあります。

たかがランドセルですが、あれこれ調べて納得のいく買い物して頂きたいと思います。

スポンサーリンク
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


興味があるところを読む