落花生 栽培|おおまさりや千葉半立の種まき|食べ方は塩茹で

当ページのリンクには広告が含まれています。

落花生(ピーナッツ)は、摘心などの作業不要で、失敗も少なく初心者が簡単に育てることが出来ます。
しかも収穫したばかりの落花生を茹でて食べたらもう病み付き。
落花生は自作すると味の良さに驚きます。
落花生と枝豆は自作する価値がとても大きい野菜です。
ぜひ自作して収穫し(これが楽しい)、直ぐに茹でて食べてみて下さい。
「来年も必ず作ろう」になりますよ。

興味があるところを読む

落花生について

その他の野菜の栽培方法はこちらです 野菜一覧表

ご存知の通り、落花生(ピーナッツ)は健康的な栄養を含んでます。
健康に良い脂肪、ビタミン、マグネシウム、リンなどのビタミンやミネラルも豊富。
ぜひ栽培して「自作ピーナッツ」を茹でて食べてください。

落花生は南方系の植物なので、東北で育てるには少し手間がかかります。
マルチと中耕が必須であり、また暖かくなってから栽培を開始してください。

  • 使用品種は、おおまさり、千葉半立、ナカテユタカ など
  • 連作障害あり(2~3年)
  • 発芽適温は地温20℃前後
    30℃に加温すると4日目には発芽開始
  • 生育適温は15~25℃
    高温好きなので東北では5月下旬~6月にマルチして播種します
  • pH6.5程度
    苦土石灰が必須(生育にカルシウムが必要)
    粘土質の畑は不可
  • 播種は株間30cm、深さ2cmほどで植え付け
    直播きの場合は地温にもよりますが10日ほどかかります
    なお苗作りする方が発芽が揃います
  • 花が咲いたら追肥・中耕が必要

※岩手県中部に於ける、ここ10年ほどの実績に基づいています。

5ヶ月後には完成します。
茹でて食べたら最高!

スポンサーリンク

落花生の育て方

種蒔きは岩手では5月下旬から6月初旬(オクラと同じ)が適当です。気象庁の気温グラフ

<注意事項>
落花生の発芽には地温20度以上(外気温で25℃以上)が必要です。
苦土石灰が必須。200g(4握り)/㎡入れます。
蒔いた種をカラスに取られないように気を付けてください(網や不織布を載せておく)。
なお花が咲いたあとで芽が地面に刺さるので、粘土質の畑での栽培は難しいでしょう。

ここ(岩手県中部)では、5月中旬~6月初旬にマルチを使って播種します(苗を作ればより確実)。
畝幅100cmに苦土石灰を多めに入れ、マルチして2列に蒔いてください(30cm間隔で深さ2cmに種を植え付ける)。
落花生とオクラは同時に開始するので、一本のマルチに植え付ければ手間ナシです。

十分に暖かくなればノーマルチでも発芽します。

落花生は、一株が50cm四方ぐらいの大きさになり、その株から芽が地面に刺さることで落花生になります。
刺さりやすいように花が咲いたらマルチを剥がし、株の周りを中耕します。
この作業のためには、一列植えなら畝幅50cm、二列植えなら畝幅100cmは欲しいです。
また中耕がし易いように、マルチの両側には広目の通路を確保してください。
元肥には牛糞堆肥と苦土石灰を投入します(収穫までに5ヶ月かかるので、途中で化成肥料を追肥します)。

種蒔き

直播きでも十分に発芽します(今回は千葉半立を栽培しています)。
種蒔き後に網か不織布を載せておけば、カラスに種を取られるのを防げます(釣り糸を張っておくだけでもカラスは近付かない)。
芽の高さが10cmほどになったら外してください。

釣り糸でカラス除け。
見にくいですが2本張ってます。

苗作りすれば奇麗に揃います。
30℃に加温すれば4日で発芽。

マルチを剥がし追肥・中耕・土寄せ

ポツポツと開花(7月)してきたら、一週間後にマルチを外してください(早めの方が無難)。
マルチを外したら化成肥料をパラパラと追肥し、中耕と土寄せを行い、子房柄が土に入りやすくします。
収穫日(11月)の目安は開花期後、千葉半立は95日、ナカテユタカは80日。
遅れると不味くなるので試し堀りを忘れずに。
追肥はマルチを外したときの一回だけにして下さい。

そろそろマルチを剥がす。

追肥・中耕・土寄せ。

試し掘り

11月の初旬に収穫しますが、その前に試し堀して、おいしく頂きます。
収穫時期がイマイチ分かり難い落花生ですが、途中で時々引っこ抜いて食べてみれば分かります。
途中で引っこ抜いた未熟なのでも十分においしいですよ。

9月初旬に試し食い。
時期が早いので未だ小さい。

10月に入れば、この程度まで育ってます。

収穫

いよいよ収穫。
一株から結構採れるので、暫くは「茹で落花生三昧」が続きます。
塩が入りにくいので塩を多めにして茹でる方がおいしくなります。

大きいのも小さいのもありますが、どっちも十分においしい。

種蒔きのタイミングさえ合えば大収穫は約束されています。

落花生の茹で方

株を引っこ抜いて収穫すると、大きいのや小さいのが混ざってます。
これを茹でるには、時間差攻撃が有効。
塩をかなり多め(殻が付いてるので味が中に入りにくい)にして、大きいのを先に塩湯に入れ、小さいのは時間をおいて投入。
大きいのを試しに食べてみて、十分柔らかくなるまで茹でます。
茹ですぎても不味くはならないので、安心してゆっくり茹でてください(何度かやれば慣れます)。

大きいのは脂っこくて良し。
小さいのは塩味が濃く入っていて、これまた旨い。
熱いうちも良し、冷えてまた良し。
良き晩酌を!

一株を試し掘りしたのですが、全体的に小さくても、これだけで晩酌の肴には十分な量です。

かなり多めの塩を入れて茹でます。
殻が厚いので塩は多めにしてください。

茹で上がると簡単に割れます。

う~ん食べ頃。

余った落花生は、茹で落花生にしてから冷凍します。
食べるときは電子レンジで緩めに解凍してから常温で完全解凍。
これはもう作りたてと変わりなく最高です!
落花生・・・これはぜひ作ってください。

冷凍保存する分。

スポンサーリンク

成長の確認用(参考資料)

使う品種は、一般に入手可能な「千葉半立」か「ナカテユタカ」になるでしょう。
千葉半立は発芽は順調だけど、実の熟すのは遅い。
ナカテユタカはこの逆です。

播種と発根の確認

発芽率確認のためお皿に蒔いた千葉半立。
播種から40時間後。
既に発根しています。

マルチして種蒔き。
今回は緑色を使用。

緑色のマルチはかなり高温になります。
昼頃には更に高温に。

成長の確認用。
畑と同時期にプラグトレイに蒔種。
直播きした種も同じようになってるはず。

子房柄の確認

花が咲くと、間もなく下向きに刺さり始めるので、マルチを剥がします。
ついでに、軽く耕して、刺さりやすくしてやります。

播種から50~60日で開花。
花が咲いたらマルチを剥がす。

子房柄(赤矢印)。
これが地面に刺さる。
この先に落花生が付く。

スポンサーリンク

購入リンク

一般的な苦土石灰。粒状なので風に飛ばず扱いやすいです。
¥990 (2023/01/05 03:03時点 | Amazon調べ)
ペレット状の使いやすい牛糞堆肥です。法人登録したアスクルでも600円以下で購入可能です。
¥578 (2023/02/11 05:04時点 | Amazon調べ)
肥効が2ヶ月続く緩効性の化成肥料です。
¥718 (2023/01/05 04:24時点 | Amazon調べ)
スポンサーリンク
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


興味があるところを読む