ブルーベリーの挿し木|プロの技|開始時期や鉢替えなど詳しく

当ページのリンクには広告が含まれています。

挿し木の手順と注意。
今回はプロの技をご紹介します。

プロの技ではかなり手間がかかります。
恐らく「絶対に失敗したくない」と言うことが前提でしょう。
素人(筆者)は「失敗しても良いじゃん」なので大分差があります。

興味があるところを読む

親木の管理

その他の野菜の栽培方法はこちらです 野菜一覧表
プロは「穂木を採る前に親木を管理する」そうです。
立派な親から良い子供が生まれる・・・ふ~ん

  1. 親木の施肥は、窒素過多とせず、特にリン酸とカリウムを多めに与える。
  2. 充分な潅水を行い、水ストレス(過乾燥と過湿)を与えない。

言葉遣いからしてプロ。

穂木の選び方

続いて穂木選び。
知らなかったことが多数あります。

  1. 挿し穂は晴天が続いた日に採る。
    だそうです。
  2. 穂木は若い木から採る。
    若い木から採った穂木は発根率が高いとのこと。ジジババはダメ!
  3. 太い幹から直接出てる枝を使う。
    徒長枝を見れば分かるように、幹から直接出る枝は成長力が強い。
    つまり「木の先端の枝はダメで、メインの幹から直接発生した枝や、剪定後に発生した枝を使う方が発根率が高い」と言う事です。
  4. 花芽の付いた枝は使わない。
    花芽の付いた枝は”極端に”発根率が下がるそうです。
  5. 芽が生長中のものは使わない(生長開始前・成長終了の状態にあるものを使う)。
    芽の活性が高い部位では、発根する前に芽の伸長がはじまってしまう。
    一見挿し木が成功したかに見えるが、実際には好ましくない現象といえる。
    挿し穂の芽の動き始めたものは、芽の生長に多大なエネルギーを必要とするため、発根にエネルギーが回らなくなり、発根率が低下する。
    と言う事だと、春よりも梅雨時以降に挿し木する「緑枝挿し」が良さそうです。
  6. 芽は2節以上付ける。
    節間隔の広い枝の場合は、穂木を長目にと言う事でしょう。
  7. 切口は節の少し下とすると発根率が高まる。
    いつも適当に切ってますが、十分に発根してます。
スポンサーリンク

挿し床と管理

要するに”水切れで枯らしちまわないようにしろ”って事だけど、水が多すぎると発根しない。
基本は「水を減らし蒸散も減らす」と言う事のようです。

筆者は葉を鋏で切って蒸散を減らしてます。

  1. 挿し床は酸素が十分に含まれるような素材を使う。
    発根には酸素が必要なんだそうだ。でも水挿しでも根っこは出るよ・・・良く分からん。
  2. 穂木は採ったら直ぐに挿す。
    これだ。生け花なんかと同じですね。
  3. 発根促進剤を使う。
    発根促進剤は役に立つそうです。
  4. 湿度を保つ。風を防ぐ。直射日光には当てない。
    蒸散を防ぐように葉っぱを切ったり、寒冷紗で覆う。
    「日向と日陰の水分蒸散量は大きく異なり、日向の蒸散量は日陰の4~20倍となる」だそうです。
    要は「挿し木したら木の下に置け」ってことでしょう。
  5. 気温を上げない。地温を25度に維持する。
    気温が高くなると病気にかかりやすくなるそうな。
    地温だけを25度にすれば一番発根を促進するそうです。
やすべぇ

プロは色々と大変で御座るな。

よかとん

いつもブルーベリーを挿し木してるけど半分以上は発根するぞ。
やってるのは2と4ぐらいかも?

やすべぇ

ブルーベリーはきっと簡単なんだよ。

購入リンク

とろばと
¥6,600 (2024/05/09 15:21時点 | 楽天市場調べ)
根張りの良いスリット鉢です。
¥1,493 (2023/01/05 09:16時点 | Amazon調べ)
スポンサーリンク
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


興味があるところを読む