ブログタイトルの付け方と決め方1|メインキーワードを探す

当サイトにはアフィリエイト広告が表示されます。

人を惹きつける、おしゃれでキャッチーな記事タイトルを狙います。
最近はAIを利用したツールも出てますが、未だ人間に負けてるようなので今回はご紹介できませんでした。

ここではマニュオンの無料キーワード検索ツールを使います。
このツールの使い方やキーワードの選定方法も合わせてご紹介します。
検索数や検索ボリュームから、大事な順番に大きさを変えてキーワードが表示される・・・一目瞭然!!
これなら誰でもキーワードを選べます。
無料・無登録でここまで便利なのは凄い。
サジェスト・キーワードと検索ボリュームが同時に分かります。

興味があるところを読む

はじめに

良いキーワードを見付けて検索上位に表示させます。
これは戦いなので、それなりの手順があります。

  1. 自分の力と相手の力を調べる
    無謀な戦いはしない・・・これが一番大事です。
    リトルリーグや中学野球はプロ野球に勝負を仕掛けないでください。
    竹槍でB29を撃ち落とそうとしないでください。
    無謀なことをしないためには「自分の力と相手の力を調べる」ところから始めます。
  2. メインキーワード(1単語)を決める
    結局このメインとなる単語がキーワードの中では一番重要です。
    強い競合(ライバル)の少ない、自分の実力に応じた単語を選び出します。
    手頃なメインキーワードが見付からない場合は、複合キーワードにしますが、これは次善の策となります。
  3. メインキーワードを含んだタイトルを作る
    記事内容と無関係なタイトルにならないように注意してください。
    タイトルを先に決め、これに合った記事を書く方法もあります。

読者はなんらかの困っていることを解決するために検索しています。
キーワードは「この読者のニーズに合っている」必要があります。

記事を書く前に見通しを付ける

自分の書きたい事が決まったら、思いつくタイトルでGoogleで検索して下さい。
どんなタイトルでも構いません、キーワード一個でもOK。
例えば「ランドセルの探し方」の記事を書くつもりなら、この題名で検索します。
事前にMozBarをセットしておいて下さい。

検索で先頭に出てくるサイトのDAを見ます。
この値が20~30程度であれば、この記事で勝負になります。
もしこれ以上の場合は、記事を書いてもまず勝ち目は無いので、他の記事を書くようにします。

試しに「キャベツの育て方」で検索すると、先頭サイトのDAは34、次は45、次は47です。
この記事を書いてもかなりの苦戦が予想されます。

自分のDAも調べて下さい(自分のサイトのURLを入れる)。
ブログを始めたばかりの頃は、DAは10ぐらいでしょう。
DA10で勝負できるのはせいぜいDA30程度まで。
このことを分かった上で書く記事を決めます(勝てる勝負しかしない)。

自分の力の調べ方

「敵を知り己を知れば百選危うからず」で行きます。
負けそうなら勝負しません。

自分のチーム力(サイト力)が中学野球か高校野球かを調べます。
サーチコンソールで月間PV数を見ることで、自分の力が分かります。
MozBarで自分のDAを調べることでも分かります。

サーチコンソールを開き、①をクリック、②で「過去28日」を選択、③を見ます。

③が10,000以下なら中学野球レベルと考えてください。
10,000以上なら高校野球レベルです(記事数で200は必要でしょう)。
高校野球で相手をして良いのは国内のプロ野球チーム程度まで、間違っても大リーグと勝負しないでください。

相手の力の調べ方 & メインキーワードを決める

メインのキーワードを探すときに、相手の力も分かります。
MozBarで相手のDAを調べます。

メインキーワードを「キャベツ」にした場合

例えばメインのキーワード(1単語)を「キャベツ」とします。

Googleで「キャベツ」で検索して下さい。先頭に出てくるサイトのDAを見ます。

ついでに自分のサイトのDAも見てみましょう(自分の力はこの方法でも分かります)。

URL入力欄に自サイトのURLを入力することで、画面上部にDAが表示されます。

メインキーワードを「キャベツ」にした場合・・・
相手(競合・ライバル)のDA=51、自分のDA=16。
勝ち目は有りません。

相手のDAが30程度までなら、なんとか勝負になるかもしれませんが、51では無理です。
つまり「キャベツ」をメインキーワードにするべきではない

では「キャベツ」は諦めましょう。
代わりに「YR青春キャベツ」(キャベツの品種名)と言う1単語をメインキーワードにしてみます。
このキーワードだと先頭に出てくるサイトのDAは19まで下がります。
メインのキーワードにするのなら「YR青春キャベツ」を使う方が良さそうです。
複合キーワードについては後述します。

メインキーワードを「行者にんにく」にした場合

今度はメインキーワードを「行者にんにく」(1単語)にします。
「キャベツ」の場合と同じように、MozBarで先頭サイトのDAを調べます。

Googleで「行者にんにく」で検索して下さい。先頭に出てくるサイトのDAを見ます。

メインキーワードを「行者にんにく」にした場合・・・
相手(競合・ライバル)のDA=15、自分のDA=16。
これなら勝てそうです。
つまり「行者にんにく」をメインキーワードにすれば良い

複合キーワード(ロング・テイル)を使う

相手のDAが大きくて太刀打ちできない場合は、複数の単語(キーワード)を組み合わせます。
こうすると検索でヒットする確率は落ちますが、自サイトが検索で上位に表示されるのでPVが上がります。

こちらの記事に続きます。

スポンサーリンク
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


興味があるところを読む