ズッキーニの育て方|支柱不要の露地栽培|旬に花を食べる贅沢レシピ

当ページのリンクには広告が含まれています。

花ズッキーニを自作して、フリットや天ぷらで食べます。
自作してこそ食べられる豪華で贅沢な料理。
しかも最高においしいズッキーニの品種「ジェノベーゼ」を使います。

ズッキーニも他の野菜と同じように、おいしさは品種で決まります。
「え?ズッキーニってこんな味だったの!」と驚かれると思います。
これを食べたら市販の真っ黒いズッキーニ(品種名ダイナー)なんて、”ただのキュウリ”です。

興味があるところを読む

一番大事なのは品種選び

種はこちらで購入可能です。
「ジェノベーゼ」と言う品種を使います。
この品種はとにかく香りが素晴らしい。
歯応えもコリコリ。
実がとても良い香りなので、花ズッキーニとして食べると抜群のおいしさです。
ジェノベーゼの「花ズッキーニ と チーズ と オリーブオイル」の組合せは最高です。
その他の野菜の栽培方法はこちらです 野菜一覧表

ズッキーニを作るなら、このジェノベーゼを選んでください。
30年近く色々な品種のズッキーニを作ってきましたが、間違いなくこれが一番です。
スーパーで売ってる、色の黒い固いダイナーとは全く違います。 別の食べ物です。
折角作るのだからしっかりと品種を選んでください。

一度でも食べれば大好きになります。
売ってるズッキーニを買わなくなること請け合いです。

筆者の家の周りの農家の人たちも、自家用にはジェノベーゼを作ってます(20年ほど前に、苗を配ったことがあり、それからは自家採取して毎年作ってるとのこと)。
なのに道の駅にはダイナーを出します。
「簡単に栽培できるダイナーは道の駅で売り、おいしいジェノベーゼは自分ちで食べる」・・・田舎あるある(^^;
雄花も雌花もどちらもおいしいです。

スポンサーリンク

ズッキーニの育て方

その他の野菜の栽培方法はこちらです 野菜一覧表

使用品種:ジェノベーゼ
連作障害:ナシ
播種時期:4~6月
畝高:標準
畝幅:150cm
※岩手県中部に於ける、ここ20年ほどの実績に基づいています。

割と高温が好きな野菜なので、5月の連休以降に始めれば至って簡単に育ちます。
かなり大きくなるので、畝幅を広くしてください。
畝幅150cmでも、はみ出すことがあります。
株間は最低でも100cmは必要です。
ジェノベーゼは、とにかく大きくなるので、畑の端に植えないと畑が勿体ない。
なお連作障害は出ないので、畑の回転には気を遣はなくて構いません。

苗作り

ジェノベーゼの苗は売ってません。
苗作りから始めます。
5月以前の寒い時期に苗を作るのなら加温する必要があります。
地温30℃を保つと5日ほどで発芽します。

国産の種と違って発芽が揃いにくいので、一晩ほどの事前吸水も有効です。
自家採取すれば発芽率がほぼ100%になるので、ぜひ自家採取しましょう。

5月以前に苗作りをする場合はビニール温室温度計などを利用します。
サーモスタット付きのヒートマットなども利用できます。

日当たりの良い廊下にビニール温室を置き、その中で発芽させることもできます。
夜が寒いようならヒーターで加温して下さい。

市販の種は発芽率が悪い場合があるので、発芽しない分を含めて多めに苗を作ります。
地温によりますが5~7日で綺麗に発芽します。
苗のうちから大きいので、大きめのプラグトレイまたはポットを使ってください。

発芽後も低温には気を付けます。
大体ですが昼間は25℃以上、夜は10℃ぐらいを維持すれば、順調に成長します。
水は少な目、夜は低温にして、茎の太い苗を作って下さい。

葉っぱが大きいので、本葉2枚ぐらいで定植しても構いません。
プラグトレイでなくポリポットで作るなら、本葉3~4枚まで育てても問題ありません。
丈夫なので雑に扱っても大丈夫。

定植

前年に野菜を作った畑であれば、堆肥などは不要です。
また追肥をしなくても収穫出来ます。

畑の元肥はいつもと同じように、牛糞堆肥+苦土石灰です。
化成肥料は未だ入れないでください。
最初から肥料が効くと大きくなるだけで、実がなかなか付かなかったりします。
なお気温が低いようならマルチが効果的です。
草取りの手間も省けるので必要であれば使ってください。

本葉2枚で定植しました。
必要ならネキリトンなども使います。

定植してから約一ヶ月。
既にでかい。
まだまだ育ちます。

更に半月後。
花が咲き始め実も付いてます。
花が咲いたら追肥可能です(元気の無い株にだけ追肥して下さい。追肥場所は葉の先端辺り)。
野菜栽培では肥料は少ないほど美味しい野菜になります。くれぐれも「減肥」で。

スポンサーリンク

収穫

いよいよ収穫(7~9月半ば)。
ジェノベーゼは、高さ方向も大きくなりますが途中で倒れることは殆どありません。
ただし肥料が効き過ぎて徒長してしまった場合は、トンネル支柱などで支えてください。
また花や実は、株元にゴチャゴチャっと付くので、株元へ草マルチなどを敷いておくと、収穫しやすくなります。

株元にビチっと付きます。
草が伸びてくると採りにくいので、刈った草を敷いておくマルチも有効。

花ごと食べるので、実が小さいうちに花と一緒に採ってしまいます。
雄花も美味しいので忘れずに収穫します(茎も美味しいので長目に採る)。
肉詰めなどのように、花の中に詰め物をするのであれば昼頃に収穫します(朝は花が開いており、昼頃には閉じる)。

大きくしても味や香りは変わりませんが、小さい方が繊維が細く歯ごたえが繊細です。
勿体ないと思うなら大きく育ててください。これもしっかりおいしい。

大きい実をオリーブオイルで焼くのもおいしい。

スポンサーリンク

レシピ

料理するときは、正式には花の中心にある雌しべを取ります(取らなくても味に変わり無し)。
花を流水で洗うと傷むので、ボールに水を張り花を開いてポチャポチャっと洗います(花は甘いのでアリが入っていることがある)。
なお雄花の茎は独特の歯応えでおいしいので、なるべく長目に収穫して一緒に調理してください。

花は朝のうちだけ開き、9時頃にはしぼむので、料理方法に応じて時間差で収穫します。
しぼんでる花なら、中に肉やチーズを詰めやすいでしょう。

このぐらいで収穫してしまいます。
大きく育てた実もおいしいですが、小さいのはきめ細かくて別格。

奥が雌花、手前は雄花。
雄花は茎部分を長目に採る。

中にモッツァレラやブッファラを詰めてオリーブオイルで揚げます。
10個は食べてしまいます。
ワイン一本は軽く飲んでしまうかも😀

しっかりと実を食べるなら、もう少し大きくしてください。
大きい実を5mmほどにスライスして、多めのオリーブオイルでくたっとするまで炒める。
これまた素晴らしいおいしさです。
素材が美味しいから何をしても良い。

スポンサーリンク

採種

ジェノベーゼは固定種です(F1ではない)。
自分で種を採れば、翌年も同じように栽培できます。
自家採取すると発芽率がとても良くなります。
また自家採取を繰り返していると、その土地にあった品種に成長していくそうです。

種を採る株からは実を収穫しません(実を残すと新しい花が付かなくなるので、この株は採種専用となる)。
株本体がすっかり枯れて、実の色が焦げ茶色になり固くなったら採種します(翌年の春先でも構わない)。

この株は採種専用。
もっと焦げ茶色になるまで置いておきます。
越冬して翌年の春に採種しても構いません。

大きくて厚みのある種を選びます。
自家採取した種は発芽率抜群なので、これで来年もジェノベーゼが食べられます!

日光種苗
¥660 (2024/05/24 11:09時点 | 楽天市場調べ)
低温時に加温器などを入れることがあるので大きめの温室が便利です。
¥4,063 (2023/01/04 03:39時点 | Amazon調べ)
¥1,255 (2023/01/19 03:13時点 | Amazon調べ)
ペレット状の使いやすい牛糞堆肥です。法人登録したアスクルでも600円以下で購入可能です。
¥578 (2023/02/11 05:04時点 | Amazon調べ)
プランターなどで持ち運びやすい軽い土です。根張りを良くする資材が多く高評価な土です。燃えるゴミとして捨てられます。
¥2,990 (2023/01/03 04:55時点 | Amazon調べ)
苗作りに使う培養土です。とても軽くて空気を多く含むため根張りの良い苗を作ることができます。
¥964 (2022/12/31 14:34時点 | Amazon調べ)
純粋な化成肥料。有機ではないのでコントロールしやすい。
¥1,027 (2023/01/05 01:44時点 | Amazon調べ)
スポンサーリンク
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


興味があるところを読む