旬の金華サバ釣り|値段も凄いが味も凄い|華金に塩竈で

当サイトにはアフィリエイト広告が表示されます。

※公園でのサビキ釣りや缶詰の記事ではありません。
塩竈に金華サバ釣りに行ってきました。
今回はジギングです・・・電動リールで手抜き釣り。

今回のサバもメチャきれい!
刺身も味噌煮もうまい金華サバ、またまたおいしく頂いてます。
う~ん、しかし金華サバは毎回必ずうまい!・・・ホントに金華サバです。
興味があるところを読む

場所

Googleマップ

スポンサーリンク

釣り開始

今回はジギングです(ジグで釣る)。
ジグを水深50m近辺まで落としてから、上げ下げして釣る。
これがまた疲れる。
前は電動リールじゃなかったんでヘトヘトになりました。
今はもう贅沢にも電動リールです。

糸に錘が付いただけの単純構造なので、非常に釣り心地が良いです。
釣れるとストレートに魚の動きが伝わるので素晴らしい釣り心地。

これはジグ。
鉛の板に色を付けて、針を付けただけの疑似餌。
真ん中のジグは、刃の鋭い鰆(サワラ)用に金属ワイヤーを付けてます(鰆の味噌焼きもうまい)。
こんなもんで釣れるの?
私もそう思ってました。

港から高速船で1時間チョイ。
やっと金華山沖の釣り場に到着。
ジギングは電動リールじゃないとへばります。

本田宗一郎のマイボート(^^;

サバを釣ってたら、隣のオッチャンにメジ(マグロの赤ちゃん)がヒット!

「オラオラ!どうじゃい!」
オッチャンご機嫌・・・くっそ~

たくさん釣れたので、疲れて寝っ転がって空を見てました。
良い天気だな~・・・すると突然弟子の奇声が!!
すわメジが来たか!

イナダ(ぶりの赤ちゃん)じゃん。
も~~、すぐに大声で騒ぐんだから~(笑)

いただきます

釣るとすぐに絞めて血抜き&内蔵を捨てちゃうから、刺身で食えるんです。
でもねぇ、脂が強すぎて刺身じゃ5切しか食えない根性ナシ(^^;
しめ鯖ならなんぼでも!
しめ鯖は真ん中が完全に刺身状態のが良いです。
釣り人だけが味わえる贅沢です。

生系も良いけど、塩焼きや味噌煮も素晴らしい。
料理ってやっぱりあれですね、素材の味が全てですね。
野菜も魚も素材以上にはおいしくならないですもん。

どうですか!
この綺麗な色。
自然でこの色。
脂が凄いんで、キュウリ(半白節成胡瓜)を囓りながら食べてます。

ボロ(ある日突然やってきた)。
金華サバを大量に食って完全満足モード入り。

購入リンク

\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場で探す
\ポイント5%還元!/
Yahooで探す
¥4,800 (2022/12/28 04:56時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場で探す
\ポイント5%還元!/
Yahooで探す
スポンサーリンク
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


興味があるところを読む